マンガ・本スレッド (21) > All |  1  |  2  |  3  |  4  |  5 



Fri
14
Jul
2006
16:43

87007645_152.jpg「うつうつひでお日記」吾妻ひでお

(表紙から引用→)「何もしてません。(←太字)事件なし、波乱なし、仕事なし。読書と抗うつ剤と貧乏の日々。あの『失踪日記』を執筆していた2004年7月〜2005年2月を記録したどん底日記大公開!」

確かにこの本は、「失踪日記」のようなマス向けではありません。ホントーにただの日記、ブログのマンガ版です(それでも、ブログがマンガにできるだけでニジコ的には理想だが)。「失踪日記」の時のように、現代人必携の書!とか言えません。

しかし、下記に当てはまりそうな人は、是非読んでみてください。(それでも先に『失踪日記』を読んでることが前提)


Comments
Num.
4   

07.19 07:51
0001:
1/人生研究部員 部長殿。おひさしぶりです。 復調の兆しとのことで何よりで...

07.19 15:11
0002:
ニジコ う、うちの部にまだ部員が残っていたとわ!! 部室がなくな...

07.19 22:50
0003:
1/部員 同感です。 「落語は人間の業の肯定」とは談志師匠のお言...

07.19 23:01
0004:
1/部員 連投スマソ。 佐々木マキ『ピクルス街異聞』きっと好き...

 
 
Thu
04
Aug
2005
18:15

アマニタ・パンセリナ

誰ですか?こんな面白い本をニジコに貸したのは。asmammyだっけか?たしかに借りた記憶はあるんだけど、借りてカバーがかかったまま本棚に眠っていたところを、昨日そうじしててハケーンしてしまった。ら、らもさんてば……タフだな〜。


Comments
Num.
7   

08.04 23:40
0001:
1480 そうだ! 土用のあいだは 毎日うなぎくえっ! タバコなんか...

08.05 00:04
0002:
ニジコ KZTからは、やまさんは超タフだってよく言われるけどな。 ...

08.05 00:36
0003:
タナカチ 「しんどいのが好き」。 ウチのことかYO! いや、なあなあ...

08.05 00:59
0004:
ニジコ >たなかち キミはたしかに不幸好きだが、とくにジャンキー...

08.05 04:14
0005:
1480 あ、タフだったね。テキトーいいすぎた。。。 タフ...

08.05 11:39
0006:
ニジコ >1480 心配してくれてるのはわかったから、すねないでね。...

08.10 13:34
0007:
ある意味 うなぎは殆どが油なので、豚肉とか野菜とか食べなさーい。

 
 
Sat
02
Jul
2005
22:34

4061087460.09._PE_SCMZZZZZZZ_.jpg借りるまで待てずに「ばるぼら」買って読了。この主人公って…私っぽい。だけどニジコは魔女じゃなくってただの人間だよーー泣。でもこの黒ミサってライフフォース…??かなりやってること似てる気がした。でも、こういうスタンスの女子って結構いるのかもな。これからじぶんのこと「オレ」とか言うよ、じゃあ。。。部屋のゴミみたいに堆積したCD-Rの山からBlue Noteのコンピ「Blue Break Beats Vol.2」「Latino Blue」が発掘され近頃の愛聴盤です。熱いぞお!


Comments
Num.
2   

07.04 12:16
0001:
おとこ 間に合わなかったか~。 そこらへんの行動力すてきですな。

07.06 19:02
0002:
ニジコ 行動力っていうか……浪費癖なんだけどネ 「マ...

 
 
Sat
25
Jun
2005
16:46

4061086359.09._PE_SCMZZZZZZZ_.jpg(いさおちゃんにオススメされて読んだ)「アポロの歌」、あまりにも真っ向からセックスと狂気を扱いすぎてるので、どこぞの県では発禁になったりしたらしいけど、どっちかっつうとこれは“手塚版・保健体育の教科書”でしょ?または“裏・火の鳥”とも言える。サイケデリックでフューチャリスティックで、かつリアルな手塚ワールドの神髄です。ちょっと前に(『アポロの歌』と同時期に描かれた)「MW」も買ったけど、こっちはちょっと…ホントに話がヒドすぎて、まだ半分も読めてないんだけど、「アポロの歌」はもう三回くらい読み返した。ニジコはなんだかこれに出てくる「合成人」に自分が似てる気がしてならなかった。感情も欲望もない合成人の女王は、人間を殺戮しながらも、人間の持つ「愛」という感情に憧れる。うむ…、だがしかし幸いながらニジコは人間というレッキとした動物だ。これからも死ぬまで愛と欲に左右され続けるだろう、それって幸せなことなんだなー。合成人は食事は採らずに栄養ドリンクか栄養注射しかしないらしい、私も近頃ホントーに食に対する興味が失せてしまって、最近とみにゼリーのカロリーメイトとレトルトのダイエットフードしか食ってない。一応栄養バランスがとれてるってパッケージに書いてあるから、少ない食欲で栄養バランスを取ろうと思うとそうなってしまうのだけれど、コンビニ食ばっか食ってるとやたら燃えないゴミが増えるし、合成人に一歩近づくし、一つもいいことないやい。ちきしょう、明日こそ自炊してやる!そうしてやるー!
あと、SF短編「ふたりでリンゲルロックを」も抱腹絶倒だったなー。映画「ガタカ」に近い設定なんだけど、結末のムチャクチャさがキちゃってるよ……。主人公が1999年に22歳って、私と同い年だ。それもあってか、20年前に描かれたと思えない猛烈なシンパシーを感じちゃいました。


Comments
Num.
7   

06.25 18:57
0001:
masatin 「アポロの歌」本当に良かったです。 特に動物達の島の話し...

06.26 16:18
0002:
ニジコ さっきアポロの歌と失踪日記をばばくんに貸し戸板。 きのう...

06.27 12:09
0003:
おとこ そのシュマリですが†† よんだことなかったので借りた本人...

06.27 12:21
0004:
ニジコ >おとこ シュマリ、やばいよね〜〜。 ウケてくれてニジコ...

06.27 18:24
0005:
おとこ おっ、ばるぼら持ってるよ。もってくよ†。 お店の看板の書...

06.27 21:48
0006:
ニジコ あーじゃあやはりお店の名前の由来だったりするのか? 貸し...

07.02 13:05
0007:
ナナシ-(・∀・)---ッ! 手塚の娘さんはフリーペーパーのbalanceに連載してたよ。 ...

 
 
Tue
07
Jun
2005
16:40

4872575334.09.MZZZZZZZ.jpg「失踪日記」吾妻ひでお

話題作なのでご存知の方も多いと思いますが、念のため帯から引用:
『突然の失踪から自殺未遂・路上生活・肉体労働、アルコール中毒・強制入院まで。波乱万丈の日々を綴った、今だから笑える赤裸々なノンフィクション!』

現代人必携の書だと思われ。いやホント、生きるってのはこういうことだと思う。だって体裁をとりつくろって生きて何が楽しい!?(てかこの人、異様に丈夫じゃねえ?)とにかく、この絵と内容のバランスから醸し出す世界観が最高です。いや〜彼こそロックンローラーだね、芸術家だよ!銭金好きにはたまらんっ。底辺の人間から学ぶことって本当に多いのだ。個人的には、アル中編が特に印象に残りました。あーーよかった、酒飲めなくて……。


Comments
Num.
2   

06.09 09:48
0001:
ai 面白いよね†。この漫画!! わたしもすき。ウソがないんだ...

06.09 10:36
0002:
ニジコ >ai >きっと、生まれながらのエンターテイナーなんだろう...

 
 
Mon
30
May
2005
11:12


土曜の夜、BankART Studioに下見に行くのに付いていく。という用事で最初は出かけたのですが(写真はBankART Studio、運河の向こうには赤レンガ倉庫が見える)、NHCクルーもマニア〜ナクルーも気づいたらマンゴスチンカフェのクローズパーティーにいました。道中、いろんな人にいろんなことを言われナーバスに反応してしまう自分を、ん〜まだまだやなーと思いつつたどり着いた、この日で閉店のマンゴスチンは相当なカオスの様相。どうみても変態しかいなくてしかもやたら混んでいる。こいつらは…変態だけど凡人なのか、実は天才なのか?(しかしあの日あそこには、明らかに変態かつ凡人以下なヤツもいたけど)いつも一緒に遊んでる、ニジコにとっては天才級の友達たちも、私にとってはヒーローばかりなのにそんなの世の中に通用しなくて、みんなニートとフリーターの境目で職人気質を持て余してたりする。努力が足りないだけ?自分に甘いだけ?わがまますぎるだけ?それとも世の中が悪いの?

Comments
Num.
7   

05.31 04:48
0001:
ある意味 ラリホー!なんか楽しそうなのかつまんなかったのか微妙に...

05.31 14:12
0002:
ニジコ >ある意味 留守電ね、金曜のだよね?名前聞き取れなかった...

05.31 16:24
0003:
isao また喧嘩したの? 元気だねー。

05.31 16:29
0004:
ニジコ >いさお おまえ、まじでふざけんなよ。 土曜の夕方の電話...

05.31 17:21
0005:
isao そんなに怒んないで せっかく参加するんだったら...

05.31 17:23
0006:
isao 書き込み失敗したかと思って、二重カキコしちゃった・・・...

05.31 17:28
0007:
ニジコ >いさお もう、たのむからほっといて。 私は7月のパーティ...

 
 
Thu
21
Apr
2005
12:32

97693.jpg文藝 2005年夏季号

しりあがり寿×いとうせいこうの対談は必読なのでは?祖父江慎との多摩美時代を偲ぶ対談もよいけどね。


Comments
Num.
5   

04.21 23:19
0001:
れいこ 祖父江慎、大好きだー この間それにじこ家でちょ...

04.22 18:03
0002:
ニジコ 祖父江慎ってゆーめいなのね。 せんぱいなのにしらなかたー...

04.22 18:11
0003:
れいこ この装丁いいなあと思って確認すると 大抵、祖父江慎だった...

04.27 12:09
0004:
おとこ あたしも好きです、祖父江慎

04.27 23:38
0005:
ニジコ なるほろ〜。DTP、エディトリアル界では大御所なんですな〜...

 
 
Tue
08
Feb
2005
10:43

272008_2343955890.jpgさいきん、「やまさんはきびしいね」とよく言われます。確かにそうかもしれない。おべっかとか使えません。そもそもニジコは人が好きで、その自分の愛情に自信があるので、相手の気持ちをあまり考えず、好きな相手ほどよりきびしくなれてしまうのだけど、結局のところそのせいでソンしてるのはニジコ自身な気がする。ただ酷いことを言われたとか、傷つけられたとか言われたり、ムカつかれたりすることも多々あるのです。というか、そもそもそんな愛情ってなかなか伝わらないかも。


Comments
Num.
16   

02.08 12:03
0001:
れいこ あたしもそのシーン最高に好き! ブチ最高だあとわくわくし...

02.08 12:19
0002:
ニジコ よく思うんだけどさー、茜丸ってあのあと、一人でブチのウ...

02.08 12:44
0003:
れいこ 伏せ目で落胆しながら、うんこ片付けてそうだよね… すべ...

02.08 13:54
0004:
ニジコ ブチって最初から、命を助けてくれた茜丸を底なし沼に落と...

02.08 14:23
0005:
れいこ 合間ぬっていくよー 今土日ないから逆に平日とかになるかも...

02.08 16:12
0006:
いさお でも、ニジコさんも、よくxx君に失礼なことゆわれた†!と...

02.08 16:25
0007:
ニジコ そ、そうですか……。反省します。 い...

02.09 01:08
0008:
いさお ムーピーって馬糞みたいな形してる生き物でしょ。 に、似て...

02.09 10:13
0009:
ニジコ いや、あれは不定形生物だから、馬糞はかりそめの姿でしょ...

02.09 17:06
0010:
いさお 言われてみると、ムーピーって頭に触覚みたいなのが生えて...

02.09 17:45
0011:
ニジコ つのが生えてるのは、人間とムーピーのあいのこだよ。 ちな...

02.10 02:04
0012:
ナナシ-(・∀・)---ッ! いさおちゃんはどっちかって言うとロビタっぽい気が… 四角...

02.10 02:06
0013:
れいこ ↑名前忘れちゃった

02.10 22:30
0014:
ナナシ-(・∀・)---ッ! れいこちゃんは、手塚の女性キャラ系の顔だね。 見た目、ロ...

02.10 22:31
0015:
いさお やべっ。おれも名前書くのわすれた。 mixiのくせで、つい。

02.10 22:58
0016:
ニジコ ホホホ…よござんすよ。 たしかにいさおちゃん、見た目ロビ...

 
 
Fri
04
Feb
2005
14:40


fusion.jpg
この本のおかげで、にわか★フュージョンファンになれました。ミクシィのにっきゅん先生によるアレクサンダー・ロボトニクインタビューに、20代半ばを過ぎてからフュージョンを聴きつつ音楽を志したと書いてあり、「あ♪(←かってにシンパシーをかんじている)」とおもーたよ。(P.S.まだPHONOもらってないんだけど、まだある?)


fusionism.jpg
こっちはまだ読み切れてない。こういうクラブカルチャーにそったディスクガイドになると、ダメ盤率があがる気がした、質よりデーター重視と言うか…。でも、これと上のと両方にかぶってる盤とか、良いの多かったかも。具体的に何を聴いてるかは…左上の音ログの履歴をみてネ(べんりだな〜)


Comments
Num.
0   

 
 
Mon
31
Jan
2005
18:10

中尊寺ゆつこさん急死「オヤジギャル」で人気博す

ま、まじか。。。初期remixに連載してた彼女のマンガは、12年前にしてパーティーカルチャーの全てを描ききって(かつ、おちょくって)たと言っても過言ではない。私はそれ以外は読んだことないけど。。。


Comments
Num.
0   

 
 
Mon
04
Oct
2004
11:21

rekosukekung.gifちょー面白かったー。ファンサイトも多いみたいです(レコスケWEBレコスケ&レコガール同盟)病的なまでのオタクワールドの下でのレコスケとレコガールのビミョーなすれ違いっぷりに涙…。


Comments
Num.
0   

 
 
Thu
23
Sep
2004
16:52

oz_tokyo.jpg「東京ガールズブラボー」岡崎京子
おっおもしろいー。横森理香「ニューヨーク・ナイト・トリップ」とノリは似ているけど、こっちの方がやはり東京がベースなので、高校生の頃に録った電気グルーブのオールナイトニッポンのテープを聞き返すような気持ちになれます(ちなみにそれもこないだU.I.くんと実際にやりました)何にか判らないけど絶対成り上がってやるぞーー!ていう気持ちを持ち続けているうちは青春だよーーん。つまり一生遊んでたいってこと。一生私と遊んで下さい。


Comments
Num.
0   

 
 
Tue
14
Sep
2004
00:24

006345050000.jpg遊びに行かなかった私の先週末を彩ったのが本書である。


Comments
Num.
2   

09.15 00:58
0001:
j.b.honda お、結局いかなかったんですかいな。 M下氏は相当楽しんだ...

09.15 10:55
0002:
ニジコ てゆうか、おたくの部下ウソつきすぎです。ウケるけど(:ton...

 
 
Fri
16
Jul
2004
12:41

芥川賞って一年に二度も決めるんだ。という事すら知らなかったニジコであるが、
受賞作は、寝たきりの祖母を大麻を吸いながら介護をする日常を、「YO、朋輩(ニガー)」といったヒップホップのリズムに乗せて冗舌に語る。報道や周囲の人々の無理解に対して毒づく一方で、意外とまっとうなモラルと現実を訴えかける。
ということだそうである。

Comments
Num.
2   

07.21 02:27
0001:
j.b.honda 確かに、強姦目的で女性宅に侵入した事件があったとして、...

07.21 12:35
0002:
ニジコ@かいしゃ 強姦ってのはよくわかんないけど(笑)バクチや酒の金のた...

 
 
Tue
29
Jun
2004
21:51

ka06_00101_l.jpg最近のニジコの中では遅れ過ぎかつ問答無用の手塚治虫ブームが到来してるのだが、手塚版「まんが道」とも言うべき自伝的内容の本書は、新書版文庫にもなってないみたいだけど要チェキだ。私は今まで勝手に、手塚マンガのストーリーが神がかってるのは本人が医者だからだと思ってたけど、それよりも戦争体験の影響の方がはるかに強いんだな〜と思った。コレと同時に古本屋で「朝日ジャーナル・手塚治虫追悼号」も買ったけど、なんつうか他人が言葉にした手塚論を読むより、自分が初見の手塚マンガを読んだあとに必ず持つ、とても言葉にできない感動の方が常に宿命的にデカすぎて、つまるところ四の五の言わず死ぬまでに一冊でも多く手塚マンガを読まなくてはと思わされる。やはり神様の仕事である。


Comments
Num.
0   

 
 
Comments
Num.
0   

 
 
Tue
15
Jun
2004
18:26

hinotori.gif
(火の鳥・ヤマト編より)
やっぱあたしもマンガ家になろうかなぁ。
だけど、この後オグナは国に帰るんだよな。いらない前方後円墳作ったり直接人を殺したりはしないけど、いらないものを作って人に売り付けなきゃ生きて行けないっていう社会に対する不満は奈良時代と一緒なのかも知れんね。


Comments
Num.
2   

06.15 21:34
0001:
あい そうよね、いらないものつくって人にプレゼンして金貰う仕...

06.15 21:58
0002:
Nijiko ハハハ、日記で確実にヒトに影響与えちゃっててマズいなあ ...

 
 
Tue
15
Jun
2004
05:31

DSCN0364.jpg昨日、89年の「ユリイカ」村上春樹特集号のインタビュー読んでたら、村上春樹の作品の主人公は醜い情念つまり見栄や嫉妬や劣等感などを全く持たないことについて、それはやはり作者である自分があまりそういう感覚を持っていないからだと言っていた。つまり「僕」が見たいのは世界の像であり、カメラのレンズについているゴミではないということですね、とインタビュアーの柴田元幸は表現していたが、確かに「僕」って、自分の友達に奥さん寝取られたりしても泣きわめいたりしない。だけどそれ(人生におけるそういう出来事)がレンズのゴミって言いきるのもすごい。同じインタビュー中で、「僕」っていうのは自分のことじゃないんだっていうのを読者が判ってくれない、とぶつくさ言ってたが、そりゃそうだろうよ、見栄や嫉妬や劣等感が全然ないなんて人はそうなかなかはいまい。見たくないのにレンズのゴミばっかり気になってしまったり、もしくはレンズのゴミしか見えてないのに世界が見えてると思って(信じて)る人の方がよっぽど目に付くし、私自身もシンパシーを持ってしまうのだ。けど、そういう読み手と性質の違う主人公にもかなり深く感情移入させられるのが春樹がプロなとこなんだろうけど、とりあえず最近ずっと「ブラックジャック」読んでたからそのことが余計に気になった。憎む事って得てして生きがいになりやすい事や、往々にして憎む対象ではなく憎む行為が自分を不幸にする事を、手塚治虫はあられもなく描く。復讐に燃える主人公がそのことに気付き全てを受け入れた時点で、初めて輝き出す。キラキラキラ・・・いや〜ホントかっこいいねー「ブラックジャック」。子供できたら絶対読ませるね。村上春樹は好きだけど、私にしてみればアレと比べちゃったら「僕」の身体を流れてる血はケチャップかよ、って感じっす。


Comments
Num.
0   

 
 
Tue
20
Apr
2004
22:21

mangamichi.gif
それにしても、まんが道の二人っていつ洗濯してるんだろうなー。コインランドリーに行くくだりとか全然ないけど・・・


Comments
Num.
2   

04.21 15:56
0001:
やばすぎ。何度見ても身につまされすぎて笑っちゃう。 「ズ...

04.21 19:23
0002:
Nijiko もうすぐビッグすぎる来客が・・・どきどき 尾崎ってあた...

 
 
Tue
06
Apr
2004
17:30

今、手塚治虫の「ブッダ」に夢中だ。毎日天気がよくて、清々しい気候なのだけれど、私はコンビニで買ったジャンクフードばかり食べている。何だか奥歯が痛い・・・。歯が痛いのは“口は災いの元”の知らせだとどっかに書いてあったナ。うー、また余計なこといって誰かの心に災いを起こしてしまったかも。ごみんなさい、、、


Comments
Num.
5   

04.06 19:37
0001:
にっくん どもども。 LF明け3日目です。 で、ようやく体調が元通...

04.07 11:26
0002:
戯れ子 お、おぬし何者!?!? なーんちゃってーー。。 私は昨日...

04.07 12:38
0003:
天の声 次は ヒマラヤの前に 5月22日・・・だったりするかもだぉ(...

04.08 21:06
0004:
にっきゅん え! 5月22日もしかして・・・LFやるの? >だったりする...

04.08 23:44
0005:
戯れ子 今週末は大阪もあるだおーー

 
 
Sun
07
Mar
2004
00:53

吉本ばななの「哀しい予感」を借りて読んだ。文学で少女漫画的世界観を表現したような内容だった。貸してくれた子には「コインロッカー・ベイビーズ」を貸してあげた。「哀しい予感」は、吉本ばななが24歳のとき、「コインロッカー・ベイビーズ」は村上龍が28歳のときの作品だけど、内容はちょうどガラージとテクノのような違いだった。現実世界に則した悲哀と、アナザーワールド直結系の違い。
20歳の金原ひとみが書いた「蛇にピアス」も読んだけどなかなか面白かった。主人公の女の子は破滅的な道を猛突進しつつ、安易に想像しうる厳しい現実から判りやすいくらい逃げまくる。全く何も考えてないようにしか見えないし、いかにも大人が「最近の子はどうしようもない」と嘆くタネになりそうな内容でもある。けれど現実は、大人も子供も関係なく、現代社会自体が何も考えてないっていうのが実際のところだと私は思う。子供が減って老人が増え、年金も雇用も破綻して、温暖化も進み・・・数十年後には世の中全体がムチャクチャであろうことが火を見るより明らかなのに、その危機度と比例するくらいちゃんと考えてる人なんて全然いなくて、自分さえお金が儲かっていい家に住み、いい車に乗って、ステキな人と結婚して暮らせれば万事オッケーだとしか思ってない人がほとんどだ。高度経済成長期の後遺症だとしか思えない。いい学校に行き、ちゃんとした会社で働いてお金を稼ぐ、そういう種類の体裁を保てるかどうかが、善悪の普遍的判断基準であるかのように思ってる人が未だに多くて本当に困る。ほんとはみんな、テキトーでありながら必死に生きている。やり方が違うだけだ。「蛇にピアス」の主人公の女の子は、こういうやり方で、テキトーかつ必死に生きているのだ。それが判らなければちっとも面白くない話だと思う。けれど、ちゃんと判る人もたくさんいるから芥川賞を取ったんだろうし、多少なりともこの話にシンパシーを感じた私からすれば、それは救いのある出来事だ。
それにしても、文学者っていうのは割と日本では古くから、ロックンローラー的位置付けとして認められてるよなあ、とも思った。太宰とか芥川龍之介とかの時代から、破滅丸出しで生きてても「あの人はもの書きだから、、」みたいな感じで何故か認めてもらえる。私も書かなくては!(笑)
私は大学4年の時に、社会的出世よりも遊ぶことを意識して選んだ瞬間があった。それまで小・中・高・大と、忍耐と我慢の結晶で学歴と能力を得るために生きて来たけれど、明らかにそれよりも遊ぶ方がよっぽど勉強になると確信してしまった。だけど遊ぶことを選びながら結局のところ未だにそのはざまに居て、両方をとろうとしたり両方に拒絶されたりを繰り返してる。なんせ、遊びながらメシを食うのはラクじゃない。つまるところ、ダンス占いっていうのは、そういうことです。以上。


Comments
Num.
2   

03.10 01:49
0001:
yutao 村上龍といえば、こないだ間違えてストレンジディズの2冊目...

03.17 15:13
0002:
にじこ あ、本田君てば書いてくれてたのねー。今気付いた。 坂本龍...

 
 
 
マンガ・本スレッド (21) > All |  1  |  2  |  3  |  4  |  5